神奈川県藤沢市の卓球クラブチーム 岸田クラブ

Home

  • ACT AS IF IT IS IMPOSSIBLE TO FAIL

OB/OG Players

子供達の輝く時間をそっと切り取りました

Gallary

子ども達の声

VOICE

  • 日本一のカットマンになるために、カットの技術を磨いています。試合中に頭が混乱するときは、コーチに言われたことを思いだし、気持ちを整理して冷静に自分ができることを行うようにしています。岸田クラブの練習では、僕にしかできないことをきちんと身につけたいです。

    廣田元二朗

  • 技術的な面だけではなく、メンタル面でも強い選手が僕の理想です。自分の弱さを乗り越えるだけでなく、試合中には心理的な駆け引きまでできるような心の強い選手になりたいです。岸田クラブの仲間となら励まし合って、どんな課題も乗り越えていける気がします。

    森口諒

  • 地元で行われる試合のひとつひとつを大切にして、優勝を積み重ねていきたいです。そのためには、毎日の小さな練習をきちんと重ねていくことが不可欠だと思います。大きな目標も心にはあるけれど、まずは目の前の一勝を大事に重ねていきたいです。

    高林光優

  • 全国一位。普段の練習で考えることはあまりなくても、なんの為に卓球をやっているのかと考えてみると、やっぱりこれが僕の目標です。僕には「この人に勝ちたい」という身近な目標もあります。ふたつともここで絶対に叶えたいです。

    神南奏平

  • 真剣に練習をしていれば、うまくいかなくて落ち込む時にだってぶつかります。そんなときは、前向きに練習に打ち込めるようにしてあげなければなりません。自分を励ますヒントをいっぱい持っている人は、結局卓球も強くなると思います。努力し続けることができるからです。

    肖楚遥

  • ドライブなど技術的な向上を念頭に岸田クラブで練習しています。自分が強くなるために、親をはじめとして様々な方々が協力してくださっています。自分を応援してくれている人々や用意してもらっている環境に対して感謝の気持ちを忘れずに、一球一球大切に打ちたいです。

    八幡陽介

  • 「卓球ばかりしているの?」と聞かれることもあるけれど、そんなことはありません。でも卓球と卓球以外のことをやるときとで、しっかり気持ちを切り替え、それぞれ引きずらないようにしています。そうやって心と身体を調整することが、質の高い練習時間を生み出すコツです。

    宮内理仲

  • 全日本で活躍するような選手になるために、日々の練習を大切にしています。練習がきついと感じることもありますが、夢のためなら頑張れます。体幹トレなど、普段の練習で補うことができないトレーニングにも自主的に取り組んでいます。怪我をせず、長く活躍する選手になりたいです。

    三木隼