神奈川県藤沢市の卓球クラブチーム 岸田クラブ

長崎 美柚

美柚上段見出し

長崎 美柚

次世代の卓球界を担う長崎美柚選手。全日本選手権バンビ、カブ、ホープスと3部門を制覇した逸材。「1999年の福原愛以来、史上三人目の快挙」をあげた彼女は、現在日本オリンピック委員会(JOC)エリートアカデミーでその腕を磨いている。

PROFILE
生年月日 2002-06-15
出身地 神奈川県海老名市
戦型 左シェーク両面裏ソフトドライブ型
現在の所属 東京都稲付中
世界ランキング 93位(16.08時点)
座右の銘 1球1球大切に
小学校時代の夢 モデルかプリキュア

主な戦績

記録
2010年 全日本バンビ 優勝
2011年 全日本カブ 準優勝
2012年 全日本カブ 優勝
2013年 全日本ホープス 準優勝
2013年 全日本ホープス 優勝
2014年 東アジアホープス 優勝
2014年 全日本カデット 準優勝
2015年 全国ホープス優勝 (神奈川選抜)
2015年 全ITTFイタリアジュニア&カデットサーキット カデット優勝
2016年 全国中学校卓球大会 優勝
 


現在は卓球一筋の生活を送っている。寮生活も慣れて来て、合間に語学にも勤しむが、それも将来の卓球生活を見越してのものだ。毎日のスケジュールはタイトで同い年の子達に比べて遊ぶ時間などはないが、「今は卓球をしっかりやることが1番の目的ですから」と笑う。


簡単にミスをしない。1球1球を大切に。



成績において将来の目標としている選手はいるが、その人の真似をするのではなく、自分のプレーで勝ちたいという気持ちが強い。「先輩達からは、成功した経験や精神的な部分を参考にさせていただいています。そこから学ぶことはとても多いです」。 祖父の想いを背負って5歳で始めた卓球。練習がきつい時には優勝したときの喜びを思いだし、1球1球を大切に打ち、自分を取り戻してきた。生まれ育った町を離れて卓球と向き合う日々。長崎美柚選手の本当の勝負は、これから始まる。




Leave a Reply